熱海海上花火大会

昨日、熱海海上花火大会に行ってきました。残念ながら一緒に行ってくれる人が居なかったので一人で。

写真メインで様子をお伝えしたいと思います。

駅から既に混んでいた

普段、夜の熱海駅は結構閑散としています。駅前の商店街も早い時間で閉まってしまいますし、観光客も宿に入っていますからね。ところが。

f:id:takon2:20170724001122j:plain

都心の駅に比べれば空いてるかもしれませんが、熱海駅にしては混んでいるほうです。

花火は20時20分スタートで、この写真は19時30分頃の撮影です。20時くらいはもっと混んでいたのでしょうか。

「帰りの切符を先にお買い求めください」というプラカードを持った駅員さんが3人居ました。来るときの時間はまちまちですが、帰りは花火が終わったら一斉に帰るので混雑は必至です。帰りの電車は座れそうにないですね...

 

海に行くと、人だらけ

海に向かうまでの間に、カップルを多く見かけました。一人で見る花火も良かったですが、やはり好きな異性と見るともっと良いんでしょうね。羨ましい。

海につくと、海岸は人だらけでした。敷物を敷いて寝転ぶ人や、テントを張る人も見受けられました。小学生も夏休みだからか、たくさんいました。

青い光のライトがあり、足元が見えないということはありませんでした。

f:id:takon2:20170724001256j:plain

 

そして、待ちに待った

30分くらい待って、ようやく花火の時間となりました。音の割れたスピーカーから、カウントダウンが。

f:id:takon2:20170724001644j:plain

f:id:takon2:20170724001717j:plain

f:id:takon2:20170724001735j:plain

f:id:takon2:20170724002411j:plain

 

非常に迫力があり、圧倒されました。花火の量もさることながら、音がとても響きます。

 

熱海海上花火大会のホームページによれば、

会場である熱海湾は花火業者さんも絶賛する、日本一の花火打上会場! 3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムのような音響効果があります。

とのこと。見るだけではなく、体でも音を感じることのできる花火でした。

 

連続の花火で会場が明るくなると、どれだけの人が居るのかはっきりとわかりました。本当にすごい人の量です。

f:id:takon2:20170724002044j:plain

そして、帰路につく

花火が終わると、拍手と歓声が起こりました。本当にすごかったです。

 

案の定熱海駅は混んでいましたが、なんとか座席に座ることができました。suicaは便利。

 

ちなみに

今回撮った写真はすべて以前紹介した「HUAWEI nova lite」という機種で撮影しています。

tako.hatenadiary.com

暗闇の中なので若干ブレが目立ちますが、それでもそれなりに撮れているかなと思います。

 

熱海海上花火大会ですが、まだまだ開催されます。というか、通年でやってます。

今月は28日(金)、来月は5日(土)8日(火)18日(日)24日(木)です。時間は20:20~20:50の30分間です。

秋・冬の日程や有料指定席の情報については下記リンクからご確認ください。

 

リンク: 熱海海上花火大会

 

僕もまた秋や冬に見に行きたいと思います。寒い中で見る花火も、楽しみです。

 

それでは。