僕がLINEモバイルをおすすめする理由

こんにちは、takoです。

 

以前HUAWEI nova liteのレビュー記事でも書きましたが、僕はLINEモバイルユーザーです。

LINEモバイルの凄さについて是非知っていただきたいと思います。

 

まず、MVNOとは...?

MVNOというのは、仮想移動体通信事業者のことです。これではさっぱりわかりませんね。

わかりやすく言いますと、docomoausoftbankキャリア回線を借りて、通信サービスを提供する業者のことを言います。

 

自社の回線を持たず、店舗数も少ないため格安でサービスを提供できるのです。

 

MVNOで契約する際、使用するスマホはセットで契約するか、自分で手配するか選ぶことができます。

これにより、自分が今まで使っていたスマホを再利用することもできますし、キャリアから販売されていない機種も選択することができます。

 

ですが、MVNOによって借りているキャリアは違います。スマホによって対応している回線は違いますので、自分でスマホを手配するときは注意が必要です。

MVNO業界で一番多いのはdocomo回線、その次にau、そしてsoftbankは僅かというようになっています。中古スマホdocomoスマホが高値なのは、ここが理由です。

 

今回紹介するLINEモバイルは、docomo回線です。docomoからの機種と、SIMフリー端末が使用できます。

 

 

LINEモバイルは何がすごいのか

通信速度が速い

一般に、MVNOは通信速度が遅いとされています。もちろん、回線を間借りしている立場ですので、本家のキャリアより劣るのです。

特に回線が混雑するお昼時は、MVNOによっては相当遅くなったりします。

 

その点LINEモバイルは、時間帯関係なしにある程度の速度が出ています。MVNOの中では1番といえるほどです。

LINEモバイルの契約者数が増加し、速度が出なくなることも一時期ありましたが改善されました。そこもしっかり管理しているので好感が持てます。

 

LINEの年齢認証ができる

これはLINEモバイルならではの特徴です。

LINEの年齢認証は、大手キャリアの契約でないとできませんでしたが、LINEモバイルであれば認証を行うことができます。

 

カウントフリー機能がある

カウントフリーというのは、

対象サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーを、各プランで提供しています。
データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

というものです。カウントフリーの対象となるサービスは、プランによって異なります。

カウントフリーでも、サービスの一部通信は、カウントフリーの対象外となる場合があります。こちらのページからご確認ください。

mobile.line.me

 

 

大きく分けて3つの契約プラン(2017年7月末現在)があります。ここがシンプルで分かりやすいのもgoodポイントです。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

一つずつ紹介していきます。

 

 

LINEフリープラン

これは名前の通り、LINEがカウントフリーとなります。トーク機能だけではなく、通話(ビデオ通話も対象)やタイムライン機能なども対象となっています。たくさん電話をしたり、トークで動画を送り合ったりする人にはうれしいですね。

 

カウントフリー以外で使える通信容量は1GBとなっています。

 

データ通信のみ・・・500円(税抜)

データ通信とSMS・・・620円(税抜)

データ通信と音声通話・・・1200円(税抜)

 

 

コミュニケーションプラン

僕が契約しているのはこのプランです。

このプランでは、LINEに加えてTwitterfacebookInstagramがカウントフリー対象となります。

 

LINEフリープランとは異なり、通信容量は3,5,7,10GBから選択できます。

SNSをたくさんやる人や、月に1GBでは足りないという人におすすめです。

 

コミュニケーションプランには、データ通信のみの契約形態はありません。

 

3GB

データ通信とSMS・・・1110円(税抜)

データ通信と音声通話・・・1690円(税抜)

5GB

データ通信とSMS・・・1640円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2220円(税抜)

7GB

データ通信とSMS・・・2300円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2880円(税抜)

10GB

データ通信とSMS・・・2640円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3220円(税抜)

 

 

MUSIC+プラン

このプランは、コミュニケーションプランのカウントフリー対象に加えて、LINE MUSICでの通信がカウントフリーとなるプランです。

コミュニケーションプランと同様、通信容量は3,5,7,10GBから選択できます。

データ通信のみの契約形態はありません。

 

3GB

データ通信とSMS・・・1810円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2390円(税抜)

5GB

データ通信とSMS・・・2140円(税抜)

データ通信と音声通話・・・2720円(税抜)

7GB

データ通信とSMS・・・2700円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3280円(税抜)

10GB

データ通信とSMS・・・2940円(税抜)

データ通信と音声通話・・・3520円(税抜)

 

 

豊富なオプション

それぞれのプランに、別途でオプションを付けることができます。

 

端末補償オプション

落下や水没などの万が一のトラブルに備えたオプションです。

※このプランは契約時にのみ申し込みできるオプションです。

 

LINEモバイル購入したスマホでなくても、保証を受けることができます。

端末補償(LINEモバイルで端末を購入した場合)

月額・・・450円(税抜)

負担額(1回目)・・・5000円(税抜)
負担額(2回目)・・・8000円(税抜)

持ち込み端末補償(自分で端末を準備した場合)

月額・・・500円(税抜)

負担額(1回目)・・・4000円(税抜)
負担額(2回目)・・・8000円(税抜)

 

10分電話かけ放題オプション

10分以内の国内通話が、回数無制限で利用可能となるオプションです。

このオプションを使用するには、通話時に専用アプリ「いつでも電話」の使用が必要です。

月額880円(税抜)

 

このオプションを申し込まない場合、

・通常の通話アプリで通話した場合・・・20円/30秒

・「いつでも電話」で電話した場合・・・10円/30秒

という通話料になります。

 

LINE MUSICオプション

LINE MUSICが通常よりもお得に使用できるオプションです。

※LINEフリープランはこのオプションの適応外です。

月額740円(税抜)

 

回線契約時にこのオプションを申し込むと、最大2か月間0円・4か月間は500円で使用できます。

 

最後に

LINEモバイルの特徴やプランについて書きましたが、僕はやはりカウントフリーが非常に良いと思います。

wifi環境が無くてもTwitterで動画をたくさん見たり、LINEで通話をできたりするのは気分的にも本当に良いです。

 

 契約の際、以下のエントリーパッケージを購入すると、手数料3000円が無料になります。契約時は先にエントリーパッケージを購入することをおすすめします。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

 

ここで紹介したもの以外にもオプションもあり、ホームページも非常にわかりやすく作られているので、MVNOについてあまり詳しくない方でもわかるかと思います。

 

携帯代金を見直したい方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

mobile.line.me

 

 

 

それでは。