早朝のアルバイトはよい

両親の勧め(というか強制的)で早朝のシフトに入ることになりました。

もともと朝起きるのが苦手なタイプでしたが、朝から働いてみるとそれはそれでメリットがいくつかあったので紹介したいと思います。

 

仕事が楽すぎる

土日は別ですが、平日はあり得ないほど暇です。お客さんは来ますが、ちょこっと飲み物だけ、タバコだけなどしか買っていかないので非常に楽です。

ただ、納品が多いのでそこだけは大変ですが、それ以外は楽です。

 

目が覚める

出勤時は半分寝てるような状態ですが、しばらくすると特に意識していなくてもなんだか目が覚めます。

どんなに眠くても、「職場に行く」ことだけ頑張れば、なんとかなります。(個人の感想です。)

 

疲れない

今日、僕は6時から15時まで働いてきたのですが、いつもより疲れを感じませんでした。

やっぱり早起きは体にいいんですかね。

 

職場によっては

僕の店は無いですが、店によっては早朝手当が出る店もあります。これはうれしい。

 

最後に

普段寝ている時間に働くことで、なんだか時間を有意義に使えている気がします。

起きて働くだけで、お金がもらえるのです。寝てるよりよっぽど有意義です(ちょっと意味不明)。

朝に弱い体を克服するためにも、有効だと思います。自分で起きるぞと思っても、なにも制約が無いので寝てしまいますが、バイトに行かないとという焦りがあるので違いますね。

 

 

 

追記

先日こんな記事を書きましたが

 

tako.hatenadiary.com

 

客観的に見たら今回の記事は全然良質じゃなかったです

 

まぁ良質な記事の基準は人それぞれなのでまぁいいんですけど、

バイトで疲れてるので、ということで許してください...